読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜の探偵 Jiu(ジュー)の探偵ブログ 【TOM探偵事務所】

このブログは、御依頼者様や対象者が分からないよう、一部アレンジしています。

指揮者のお家 諦めたよ

こんばんは、Jiuです。

指揮者の男性のお家の調査、

決定的なことが分かったので諦めることになったの。

昨日と同じようにマンションの玄関の横にある電柱に

小型カメラを仕掛けて撮影したの。

カメラのバッテリーが切れる頃にカメラを交換して、

カフェで回収したカメラの確認と充電を繰り返したのね。

何度見てもチェリストの女性はいないんだよね。

 

夕方まで続けて、カメラを回収するためにマンションに近づいた時、

ふと見ると、指揮者のお家から誰かが出てくるのが見えたの。

女性らしかったので、もしかしてチェリストの女性かもと思って、

急いでビデオカメラをスタンバイして撮影したのね。

マンションから出てきたのは40歳ぐらいの女性だったの。

初めて見る顔だったよ。

顔写真を撮影して、いちおう尾行してみたのね。

女性は近くに停めてあった車に乗り込んだの。

ドアには「訪問介護」の文字が書かれてたの。

この女性が訪問介護のスタッフということは、

指揮者のお家にはお年寄りがいることになるのね。

奥さまがいて、子どもがいて、それにお年寄りまでいることになるの。

1LDKのお部屋なので、さすがにこれ以上、誰かが同居するのは難しいよね。

Yさんと相談して、スカートは似てただけで、

残念だけど指揮者のお家は諦めることになったよ。

 

でも、Yさんは最後の最後、

暗くなってるなら裏側に回ってお部屋の中を見るように言われたの。

マンションの裏側にある階段を登って、

途中の階段に座ってお部屋を見ることにしたよ。

f:id:soffionejiu:20170422202619j:plain

薄いカーテンなので何とかお部屋の中は見えるけど、人の動きは無かったのね。

ここからの眺めもこれで最後なんだなぁって思いながら見てたよ。

そんな時、階段の下からお婆ちゃんが、

よいしょって言いながら登ってきたのね。

思わず、頑張ってって声かけちゃった。

お婆ちゃん、ありがとねって言いながら登ってたよ。

このお婆ちゃんとは一瞬の出会いだったのね。

一瞬でいいからチェリストの女性も見てみたいよ。

 

Yさんが連絡があって、明日開催されるライブに急きょ行くことになったの。

チェリストの女性は前回参加したと聞き込んだのね。

もしかして明日も参加するかもしれないの。

それがダメなら、次回の練習会に参加するかどうかなのね。

まだまだかかりそうだよ。

 

浮気調査なら横浜の探偵「TOM探偵事務所」

http://www.geocities.jp/arancia_yokohama/tompc.html